大人美白研究室TOP > 糖化とAGEs

何だか最近、肌が黄ばんできたと思ったら....

肌が曇ってきたというより、黄ばんできたようなくすみがある。

こうした黄ぐすみは30代から徐々に目立ってきますが、この正体は何なのかというと真皮層のタンパク質が黄褐色に変色してきたことによるもの。 真皮のタンパク質が糖質と結合して糖化することで、黄褐色のAGEsという老化物質が生み出されてしまったことが原因です。

糖化という現象は20代前半から少しづつはじまりますが、年齢とともにAGEsが蓄積されて真皮が黄ばんで明らかに肌色が変わってくるというのが30代の中盤から40代にかけてという感じなんですね。

AGEsが蓄積されると肌色が変わるだけでなく、真皮は柔軟性を失ってシワやたるみをつくりますし、表皮ではターンオーバーの妨げになり、シミの原因になりますし、 AGEsによって保湿成分の生成を促す酵素も糖化されるので保水力も低下してしまうことになります。

肌の構成成分にタンパク質(=コラーゲン)が多いため糖化によるAGEsの蓄積の影響は黄ぐすみやシワ・たるみが注目されますが、実際はタンパク質が含まれる組織すべてに影響を及ぼすことになります。

・髪質の低下
・白内障、網膜症 ・骨粗しょう症
・動脈硬化
・卵子の老化

こうした全身のありとあらゆる細胞・組織を劣化、変性させてしまうので糖化とそれにより発生するAGEsは今では活性酸素よりも老化を促進する諸悪の根源として考えられています。

太っている人ほど糖化は早く進行します。

糖化はタンパク質と糖質が結合してAGEsを生み出してしまう反応のことです。

老化と劣化を促進させるAGEsをできるだけ蓄積させないことが大切なので、体内に余剰な糖質がある状態をできるだけ避けないといけません。 そのためには過剰な糖質の摂取をまずはやめないといけませんし、太っているなら痩せないといけません。

AGEsの蓄積量というのは肥満度に応じて増えていく傾向がありますが、これは太っているほどエネルギーとして消費されない糖質が体内に多く、糖化しやすい条件が揃っているからです。

それから今は太っていないからといっても炭水化物や甘いものが大好きという人、それからお酒はお酒でも糖質が多いビールや日本酒が大好きという人も糖化リスクは高いといえます。

というか今の日本人の平均的な食事内容というのはビタミンやミネラルは不足していても糖質だけは過剰に摂取してますからある意味誰でも要注意ではありますが。

糖化対策の難しいところは食の楽しみを奪ってしまうところにあります。

・パン、白米、パスタといった主食の炭水化物がダメ
・焼く・揚げるといった調理を施したものはダメ
・砂糖はダメ
・ヘルシーといわれる和菓子もダメ
・野菜やフルーツも糖質(果糖)が多いものは要注意

といった感じでほとんど好物は食べられなくなってしまいます。それこそ糖尿病の食事療法を行うのと変わりません。 そのため紫外線対策は徹底できても抗糖化対策は徹底できないケースがほとんどです。食べるのが好きな女性には相当辛いはずです。いや、無理だと思います。

だからこそ今、世界中で糖化を抑えたり、進行スピードをゆるめる成分やその方法について研究が進められています。 加齢で糖化がすすむのは仕方ないにしても太っていることで糖化が加速してしまうというのは自分の努力でなんとかできるので避けたいところです。